住宅ローンの金利(利子、利息といわれることもありますが、法律用語では利息を使うのが一般的でしょう)は、借り入れ総額が大きいだけに、ほんの小さな違いが支払い総額を大きく左右します。住宅ローン(普通銀行や信用金庫の他、信販会社などでも取り扱っています)の金利(短期と長期があり、長期の方が高い傾向にあるでしょう)が安い銀行を選ぶだけで、10万円以上の節約になる事も珍しくないのです。住宅ローン(住宅の購入だけでなく、リフォームや増築などが目的で融資を受ける際も住宅ローンと呼びます)の金利(元金に対する一年間の割合を「年利」、一ヵ月の割合を「月利」、一日あたりの割合を「日歩(ひぶ)」といいますが安い銀行を選ぶようにするには、とにかく情報を集めることが大切になるのです。多?ある銀行の住宅ローン(住宅やそれを建てる土地を購入するために、金融機関から融資を受けることをいいます)の金利(短期と長期があり、長期の方が高い傾向にあるでしょう)を比較して、最も安い所を探しましょう。ただ、1つだけ注意しておきたいのが、住宅ローンの金利(お金を貸したり、借りたりする際に発生する賃借料のことをいいます)の安さのみで決めてしまわないということでしょう。例えば、繰上げ返済したいと考えた時に、その都度、手数料をとられてしまうこともあるらしいです。それに、繰上げ返済の可能な金額は銀行によっては異なるのです。10000円くらいから繰り上げ返済出来る為、手数料がタダであれば、コツコツと繰り上げ返済していけますよね。また、銀行によっても、いろんな優遇条件(他人に要求する時は多く、自分に要求される時には少なくと考える人が少なくないでしょう)を設けている場合もあるかもしれませんねし、オトクな期間限定キャンペーン(社会運動やチャリティ活動のことをいう場合もありますね)を行うケースもあるでしょう。住宅ローン(住宅の購入だけでなく、リフォームや増築などが目的で融資を受ける際も住宅ローンと呼びます)の金利(元金に対する一年間の割合を「年利」、一ヵ月の割合を「月利」、一日あたりの割合を「日歩(ひぶ)」といいますのみを選択するようにする基準にするのではなくて、総合的に検討してくださいね。ちなみに、近頃では住宅ローン(住宅の購入だけでなく、リフォームや増築などが目的で融資を受ける際も住宅ローンと呼びます)をかりる際に、ネット銀行(店舗にかかる経費が必要ない分、金利が高かったり、振込み手?料などが安いことがほとんどです)を選択する方が増えているみたいですよ。一昔前は、実店舗(たくさんの商品の中から、好きなものを選んで買うというのが買い物の楽しさでもありますが、最近では通えるところにお店がない買い物難民も増えているそうです)がない銀行に不安(あまりにも頻繁に強く感じるようなら、カウンセリングなどが必要かもしれませんね)を感じる人も多かったのようですが、ネットが普及した昨今では、ネット専業の銀行も数多くあるようです。ネット専業の銀行は、実店舗がない分、大幅にコスト(経済的な活動の際に支払う必要が生じるお金です)ダウンする事が出来ます。それを住宅ローン(普通銀行や信用金庫の他、信販会社などでも取り扱っています)の金利(お金を貸したり、借りたりする際に発生する賃借料のことをいいます)に反映させることが出来るため、実店舗(たくさんの商品の中から、好きなものを選んで買うというのが買い物の楽しさでもありますが、最近では通えるところにお店がない買い物難民も増えているそうです)のある銀行の住宅ローン(住宅の購入だけでなく、リフォームや増築などが目的で融資を受ける際も住宅ローンと呼びます)とは比較にならないほど、金利が安めで、そのほかの条件(他人に要求する時は多く、自分に要求される時には少なくと考える人が少なくないでしょう)も良いでしょう。中でも特に評判がいいのは、住信SBIネット銀行(振り込み手?料やATM手?料、セキュリティなどを総合的に考えて選択するといいですね)はずですー